スポンサーリンク

噴霧式(エアロポニック)水耕栽培装置を自作してみた

スポンサーリンク

噴霧(ハイドロポニック)テスト

PVCホースを繋ぎ、今まで使っているダイヤフラムポンプに繋ぎます。

『 噴霧式(エアロポニック)水耕栽培装置を自作してみた 』 について詳しく記しています。**太郎よりずっと大きく相当リーズナブルです。..PVCホースを繋ぎ、今まで使っているダイヤフラムポンプに繋ぎます。..

これは1号機の噴霧テストです、かなり勢いよく出ています。

そしてこちらが2号機になります。1号機と同じように勢いよく噴霧されています。

『 噴霧式(エアロポニック)水耕栽培装置を自作してみた 』 について詳しく記しています。**太郎よりずっと大きく相当リーズナブルです。..そしてこちらが2号機になります。1号機と同じように勢いよく噴霧されています。..

1号機の噴霧ノズルは合計20個、栽培ポット20個仕様でしたが2号機は噴霧ノズル24個栽培ポット16個仕様になります。

**太郎2個分を12V 36W ダイヤフラムポンプで養液を噴霧します。

ノズルの角度は45度でポットとポットの間に噴霧するようにしています。

根が成長しても全体に噴霧されるようにという考えです。

側面の保護

日差しが強いと養液の温度上昇が気になってきます。

そこで天板にも使った車用太陽光線ガードを側面にも使うことにしました。

まず、百均で購入したPP版を5センチ*10センチのサイズにカットします。

『 噴霧式(エアロポニック)水耕栽培装置を自作してみた 』 について詳しく記しています。**太郎よりずっと大きく相当リーズナブルです。..そこで天板にも使った車用太陽光線ガードを側面にも使うことにしました。まず、百均で購入したPP版を5センチ*10センチのサイズにカットします。..

次に付属の吸盤のD型頭部分が入る程度の穴を開けます。

『 噴霧式(エアロポニック)水耕栽培装置を自作してみた 』 について詳しく記しています。**太郎よりずっと大きく相当リーズナブルです。..次に付属の吸盤のD型頭部分が入る程度の穴を開けます。..

容器の取っ手部分に両面テープで貼り付けます。

また、穴を開けた平版は太陽光ガードの内面に位置確認後、貼り付けます。

保護シートは部分的に両面テープで貼り合わせます。

『 噴霧式(エアロポニック)水耕栽培装置を自作してみた 』 について詳しく記しています。**太郎よりずっと大きく相当リーズナブルです。..また、穴を開けた平版は太陽光ガードの内面に位置確認後、貼り付けます。保護シートは部分的に両面テープで貼り合わせます。..

ワンタッチで着脱可能で半透明容器なら中の様子が確認出来て便利です。

噴霧時間を設定する

噴霧式(ハイドロポニック)栽培装置が完成したので、arduinoで噴霧時間をスケッチすることにします。

先ずはsetup前に使用する文字を宣言しておきます。

int hitim =0;

int lotim =0;

ONの時間をhitim,OFFをlotimとしています。

次にsetupです。

pinMode(26,OUTPUT);

使用するピンと入力か出力かを設定します。ここでは指示を出す方ですので出力です。

loop()ではこのように記述しました。

hitim++;

lotim++;

if(hitim==1){

digitalWrite(26,LOW); //リレーによってはHIGH

lotim=0;

}

if(lotim==120){ //噴霧時間設定(秒)

digitalWrite(26,HIGH); //リレーによってはLOW

}

if(hitim==240){    //噴霧間隔設定(秒)

hitim=1;

}

使っているリレーに合わせたスケッチです。リレーによってはLOWとHIGHが逆になるかも知れません。またピンはご自分の使用環境に合わせて設定してください。

このスケッチでは、2分間噴霧し、2分間停止を延々と繰り返します。

噴霧時間を120,噴霧間隔を180とすれば2分間噴霧し、1分間停止を繰り返します。

次のページではカズが実際に使っているスケッチです。

1日の消費電流は約21A、少量多頻度潅水プログラムです。