ほうれん草の育て方

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ほうれん草の特徴

酸性の土では良く育ちませんので、必ず苦土石灰を施しておきます。

3月中旬から5月頃が種蒔き時で、遅まきだと、気温が上がり、病気の原因になります。

種のまき方

よく湿らせた畑に幅15センチで筋蒔きにします。

畑には1㎡当たり堆肥2.5Kg 苦土石灰150g 化成肥料70gを施しておきます。

発芽したら順次間引きして株間を5㎝にします。

種蒔き時期

種を蒔いてみました

温室が出来たので3月13日にほうれん草の種を蒔いてみました。

そして…………….

3月27日の状態です。

『 ほうれん草の育て方 』 ..そして................3月27日の状態です。..

ほほ2週間ですが、元気に育っています。

ほうれん草のベビーリーフ

種蒔き後1ヶ月の状態です。

『 ほうれん草の育て方 』 ..ほうれん草のベビーリーフ種蒔き後1ヶ月の状態です。..

そして3月27日に蒔いたほうれん草は…..

『 ほうれん草の育て方 』 ..そして3月27日に蒔いたほうれん草は.......

このように以前よりも成長がいいようです。4月ですからね。