お部屋のインテリアには植物が最適!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お部屋で育つ植物とは

おうちの中ですから日当たりが良いとは限りませんね。

そこで、日当たりが良くなくても育つ植物を調べてみました。

ポトス

ポトスは、サトイモ科の植物で、室内の明るい場所を好みますが、ある程度の日陰には耐えるそうです。

ポトスはつる性の葉を伸ばすので、棚に置いて垂らしてみたり、吊るしたりしてインテリアとしてもオシャレで楽しめる観葉植物です。

ホヤ

ホヤは、キョウチクトウ科の常緑蔓性低木。別名「サクララン」とも呼ばれています。

日光を好みますが、真夏の直射日光で葉が傷むことがあるので明るい日陰が安心です。ある程度の日陰には耐えられます。耐陰性は強いですが、日によく当てることでが花付きはよくなります。花付きにこだわらなければ、観葉植物と割り切って日陰でも十分育ちます。

テーブルやし

テーブルヤシは、ヤシ科・カマエドレア属(テーブルヤシ属)の植物。一般的にテーブルにおけるほどちいさいことからテーブルヤシと名づけられました。

夏場は南国のヤシの雰囲気を出してくれます。ヤシという名前がついているので日光に強いと思われがちですが、直射日光や強い日差しは苦手です

モンステラ

モンステラはサトイモ科に分類される熱帯アメリカ原産の植物です。

大きな葉に切れ込みが入る姿は非常に人気があります。また、品種もいくつかあり、大型になるものや小型のもの、モンステラ・デュビアといった一見モンステラに見えない品種もあります。

直射日光が苦手で、レースのカーテン越し程度の日光を好みます。生長も早く強健なため、初心者の方にもおすすめです。

アグラオネマ

熱帯アジアに分布しているサトイモ科の植物で、約50種あると言われています。斑が入る葉は非常に美しく、観賞価値の高い品種です。

耐陰性が強く、明るい室内ならば育てる事が出来ます。

耐寒性(寒さに強い性質)が低く、冬場は室内の暖かい場所に置きます。

ガジュマル

暖かく日光を好みますが、多少の耐陰性はあります。日が入りにくい場所でも、できるだけ明るい窓際に近いところが向いているかと思います。

オキシカルジューム(ヒメカズラ)

直射日光は苦手な観葉植物です。耐陰性が強く、明るい室内灯で十分に育てられます。乾燥は苦手な植物ですので、霧吹きで直接葉に吹きつけます。

アジアンタム

アジアンタムはイノモトソウ(ワラビ)科の観葉植物。

小さな葉がとても爽やかですよね。直射日光が苦手なため、避けて管理しましょう。室内の明るめの場所なら育つので半日陰が向いています。

スポンサーリンク

玄関にはちょっと大きめの植物を置こう

玄関はそのおうちの顔といってもいいくらい大切ですよね。

昔はステータスの表現にゴルフバックとか置いているおうちもありましたが、最近では見なくなったようです。

でも、その代わりに、住む方の人柄を感じさせるような小物を置くおうちも多くなってきました。

元気な観葉植物があるおうちの玄関はインテリアとして和みの空間を演出できてお客様の気持ちを和ませてくれます。

記事内容:植物,玄関,リビング,お祝い,一人暮らし,【タイトル】 お部屋のインテリアには植物が最適!について。【記事】「 元気な観葉植物があるおうちの玄関はインテリアとして和みの空間を演出できてお客様の気持ちを和ませてくれます。」

観葉植物として大人気のバキラですが、玄関先にさりげなく置いていて、LEDのスポットライトを当てれば最高のインテリアですね。

スポットライトはアクセントにもなりますし、あまり日差しのない玄関では植物の光合成を促し元気で健康な植物を

スポンサーリンク

リビングのはくつろぎを演出する植物が最適

ベンジャミン

お部屋のソファー脇にはベンジャミンが似合いそうです。

“お部屋のソファー脇にはベンジャミン

“”target=””_blank””>ベンジャミンが似あいそうです。”

一人暮らしだからこそ植物のあるうるおい生活を

スポンサーリンク

お祝いにも植物を

お部屋のインテリア
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
おうち栽培