美味しいトマトの作り方まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トマトは なす科の植物だった

2月になったけど、相変わらず雪のちらつく毎日

天気予報では”大寒”の大寒波とかシャレてるけど、そろそろ春に向けて今年こそ美味しい野菜を作りたいと思い先ず、カズの好物、”トマト”の品種を調べてみた。

”美味しいトマト”で調べたらサカタのタネ”スイートドロップ”という言葉が目に付き早速、サカタのたね”スイートドロップ”で再度の検索。

そうしたら『スイートミニトマト』とか出てきて、『えっ?これ、何 ?』って思った。

どうも、種苗会社が色んな商品名というか品種名?をつけてるらしい。独自に品種改良したのかもしれないけど、多すぎて、どれにしようかと迷ってしまいます。

そこで、トマトの品種について調べてみました。

http://nomad-life.net/1916777/%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%88

品種が判ったので、ここでは美味しいトマトの作り方について調べたところ……

長くトマト属として独立していたのが、なんとナス属になっていた!ゲノムの解析で判ったらしい….

だからナスと一緒に栽培すると連作障害を起こすそうです。

でも、カズは水栽培(水耕栽培)をしょうと思うから連作障害には無縁です。…よかった。

トマトの栄養

生育適温

適温は日中は20 – 25 ℃、夜間は10 – 20 ℃とされています。気温が30 ℃を超えると、着果障害や不良果が増加し、最低気温が5 – 10 ℃を下回ると枯れてしまいます。湿度は65 – 85 %で、これ以下では生育が悪くなり、これ以上では病気が発生しやすくなるそうです。

通常の栽培品種(支柱に誘引するタイプ)では発芽後、本葉8葉から9葉目に最初の花房(第一花房)が付き、その後は3葉おきに花房を付ける性質をもつ

。株がストレスを受けると正常な位置に花が付かない(花飛び)現象が発生するため、株が適切に生育しているかどうかを示す指針となる

トマトの保存方法

トマトの冷凍保存

トマトが冷凍保存出来るというので試してみようと思います。

旬になったら結果報告しますので待ってねぇ~。

トマトのレシピ