電磁弁(ソレノイド)を分解修理してメンテナンスしました。

スポンサーリンク

水耕栽培の自動水やりに使っているソレノイド 電磁弁ですが、何か異物をはさんだようでいつまでも給水するようになりました。

そこで、12V電源を遮断して分解修理してみることにしました。

スポンサーリンク

ネジをゆるめて分解する

ソレノイドバルブの角のネジを外して分解したのですが、判ったことは構造がとてもシンプルですよね。

キャップの部分に電磁石があり12V電源を繋ぐようになっています。

『 電磁弁(ソレノイド)を分解修理してメンテナンスしました。 』 ..キャップの部分に電磁石があり12V電源を繋ぐようになっています。..

先ずはキャップを外します。

電磁石はこのような形をしています。

この電磁石と本体を4隅にあるネジを緩めて分離します。

『 電磁弁(ソレノイド)を分解修理してメンテナンスしました。 』 ..この電磁石と本体を4隅にあるネジを緩めて分離します。..

スポンサーリンク

小さなバネに注意しながら分解します

電磁石の部分を外すと、白い合成樹脂で覆われたコアを見ることが出来ます。

このコアの中を鉄芯が移動することで水流をコントロールするようです。

『 電磁弁(ソレノイド)を分解修理してメンテナンスしました。 』 ..電磁石の部分を外すと、白い合成樹脂で覆われたコアを見ることが出来ます。このコアの中を鉄芯が移動することで水流をコントロールするようです。..

コアを取り出します。

樹脂を引っ張ることで簡単に外せます。

『 電磁弁(ソレノイド)を分解修理してメンテナンスしました。 』 ..樹脂を引っ張ることで簡単に外せます。..

全部外しました。

意外に少ない部品点数です。

『 電磁弁(ソレノイド)を分解修理してメンテナンスしました。 』 ..意外に少ない部品点数です。..

スポンサーリンク

ソレノイド電磁弁 故障の原因は?

分解しましたが、ゴミなどそれらしきものは見当たりませんでした。

でも、何かがゴムのパッキン部分に挟まり、気密性をそこねたのは確かです。分解組み立て後は正常に作動しましたのでね。

分解した時には内部に水が残っていたので、水と一緒に異物が流されたのかもしれません。

ソレノイド電磁弁の構造はとても単純で、電流をコイル(ソレノイド)に流すと磁界が発生し、ファラデーの電磁誘導の法則で鉄芯が移動し、開閉弁を開けるというものです。

また、電流を切断すると、コイルバネの力で元に移動するようになっています。

ですからソレノイド電磁弁の故障で考えられるのは、電気系統と開閉弁です。

通電しているなら鉄心の動きが悪いか開閉弁の劣化、異物のはさみこみが考えられます。

ということで、分解後、水道水で内部を洗い、フイルターも清掃します。

鉄芯の部分もキレイにします。

『 電磁弁(ソレノイド)を分解修理してメンテナンスしました。 』 ..鉄芯の部分もキレイにします。..

スポンサーリンク

電磁弁(ソレノイドバルブ)分解のまとめ

組み立ては、分解の手順を逆に部品を元に戻し、最後にネジで固定します。

構造がシンプルで四隅のネジを外すだけなので、水が止まらなくなった時には掃除するのもいいと思います。また、カズは水タンクを地面に置いているので、今回のように水が止まらなくなっても被害はありませんがマンションのベランダなどに設置する場合には、万一のオーバーフロー時の排水も考慮しておく必要があるようです。

カズの電磁弁は購入時の時と同じように、水もれはなくなりましたよ。安くて使える電磁弁(ソレノイド バルブ)です。